【レシピ】とろとろ角煮の作り方(圧力鍋使用)

煮詰める

不定期のレシピ記事です^^
本日は主菜にもお弁当にも、ちょっと手間がかかるけれど美味しい、とろとろ角煮の作り方をお伝えします。

とろとろにするのは圧力鍋で作るのがおすすめですが、普通のお鍋でも十分おいしくできますよ。

とろとろ角煮の作り方

母直伝のシンプルな角煮。
ご飯がすすむので主菜はもちろん、お弁当のおかずとしてもぴったりです、

材料

目安量ですので、分量は多少変わっても大丈夫!
お手持ちのお鍋のサイズに合わせて作ってください。
(今回は保存を前提に、沢山作りました!)

  • 豚肉ブロック 600g×2
  • 白ネギ 1~2本
  • 生姜  お好み(皮のみでもok)
  • にんにく 2片(1片でもok)
  • 酒   大さじ2
  • 砂糖  大さじ4
  • 薄口醤油 大さじ5
  • わたしは、ばら肉か肩ロースを使います。

作り方

★は、飛ばしてもOKです!丁寧に作りたい方はご参考ください。

  1. ネギの緑の部分を一口大、白い部分は千切りにする(出来上がったものの上に白髪ねぎとして使います)
  2. 生姜は千切り・薄切りなど好みの切り方をする
  3. ★豚肉は、かたまりのまま両面に焼き目がつくまで焼く

  4. 余分な脂はキッチンペーパーで吸い取ると良いです。
    脂を吸う

  5. 圧力鍋(普通の鍋でも)に敷き並べる
  6. 並べる
  7. 上に①②で切った野菜とにんにくを乗せる
  8. 野菜を入れる
  9. 酒、ひたひたまで水を入れて火にかける(圧力鍋の場合は指定の上限水量を越えないように注意)
  10. 圧力鍋が沸騰してから弱火で20分煮て、火を消す
  11. 圧力が下がったら、蓋を開けて冷ます(わたしは冷蔵庫で一晩冷やしました)。
  12. ★冷えて固まった白い脂を取り除く
  13. 脂を取り除く
  14. 豚を一口大に切る。水分が多ければ、ひたひた程度までおたまですくい出す(別に保存し、スープにすると美味しいです)
  15. 砂糖、薄口醤油を加えて再度圧力鍋にかける。沸騰してから20分煮る
  16. 圧力が下がったら蓋を開け、中火で煮詰める
  17. 味付け
    スープが多ければすくいだしても良い。ここでゆで卵を一緒に入れて煮つめるとおいしい味玉になります。

  18. 完成!
  19. 煮詰める

    食べることに夢中で、盛り付け写真を撮り忘れるという失態!
    白髪ねぎを上に盛ってください^^
    ラー油をかけてもおいしいですよ。

ポイント

脂が苦手な方は味付け前の段階でおたま等ですくっておく、もしくは冷蔵庫か室温(冬なら)で数時間置き、白く固まった油を取り除くとあっさり味になります。

圧力鍋で煮ることにより、とろとろの角煮になります。醤油や砂糖はお好みで加減してください。

保存方法

冷蔵

タッパーなどに入れて冷蔵庫で保存。
保存期間目安 : 数日内

冷凍

フリーザーバッグに入れて保存すると、その後の冷凍庫の整理が楽です。
余ったスープも冷凍保存がおすすめです。

  1. 角煮同士がくっつかないようにフリーザーバッグに並べる
  2. できるだけ空気を抜いて、冷凍庫に平らにおいて凍らせる(アルミバッドがあると良い)

保存期間 : 1ヶ月程度

アレンジレシピ

  • 鍋、スープ
  • 取り分けたスープを使って、白菜、キノコ、根菜、豆腐などを入れて煮る。

  • 煮卵
  • 醤油まで入れた段階のスープにゆで卵を入れて置いておくだけ!お酒&ご飯がすすむおかずになります。

アレンジも効くのでぜひお試しください。

コスト

今回買った豚肉は160円/100g、全ての材料を合わせて約2,500円でした。
これを高いとみるか安いとみるかは人ぞれぞれ・・・といったところでしょうか。出来合いのものと比べるとはるかに安いです^^

豚肉は特売の日を狙いたいです。

さいごに

豚肉や生姜、ねぎ、にんにく…少し量が違っても安心して調理してみてくださいね(味付けは好みで足し引きを)。

とろとろ角煮で幸せな食事をどうぞ♪

>>>関連記事

冬にオススメ!
【レシピ】鶏手羽先と生姜のぽかぽかスープ

料理ができると「生きていける!」という自信になります。
ひとり暮らしを始めて、自分に自信が持てるようになりました – ごきげん手帖

スポンサードリンク

『インデックス投資』人気ランキング

『家計管理・貯蓄(20代)』人気ランキング

ブログ村に参加しています。

バナーをクリックしていただけますと更新の励みになります♪

ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です